DSの部屋
ドロップショットは、埼玉県を中心に活動しているテニスサークルです。明るく、楽しく、元気よくをモットーに楽しみながら上達出来たらと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダブルスの相性(実戦編)
やっとこ『魔』の熱地獄(大げさっスね・・・)から解放され、今日から練習に参加出来そうな感じの病み上がり?のトモです

お疲れ様です
さて、ダブルスのペアはそれぞれあると思いますが、実際はどうやっていけば良いのか迷いどころですよね
具体的には、レシーブではクロスに深く、浅く、センターへロブ、ダウンザラインに攻撃ロブ、アレー、センターにパス、等の細かな目標を設けた練習をしていくことが必要かもしれませんね
私も、お粗末ながらサービスにおいて、スピードより回転とコースを重視し、いかにペアにポーチのチャンスを与えるかを考え練習しています

心理的にも、ただ漠然とラリーやボレー練習をするのではなく、場面を決め、目的を決め、ペアが同じ気持ちで練習することが重要だと思います

レシーブする時のサイド選びについてですが、良く言われているのが安定したストロークとコントロール性を持ち合わせ、ここぞの時に積極的な行動がとれるチャンスメーカー的プレーヤーがフォアサイドに、冒険心を常に持ち、ミスを恐れず積極的に攻める強い精神力を持ったプレーヤーがバックサイドになっている方が力は発揮出来るそうです

また、サイドを替えて練習して見るのも良いかもしれませんね
サイドを替えることによってそのサイドの大変さ、ペアの気持ちなども分かりますし、自分にとってどちらのサイドの方が力を発揮できるか改めて知ることも出来ますからね♪

プレー中によくあること(典型的に私に当てはまります)ですが、短いボールが来ても一人は前へ、一人はベースラインにいたままでは、そうそうポイントを取ることは出来ません
攻める場面はともに攻め、守る場面ではともに守らなければなりませんので、その為には『前、下がる、(ロブを)上げる、』などペアへの声掛けが大切です

また、ゲームの流れや相手のプレイスタイルによる攻守の切り替えも重要ですね!
リードされた場面でのリターンゲームは攻撃的なプレイをしたり、相手が攻撃得意ぺアの場合は守り型に、逆の時は攻撃型に切り替えるなどです
これらはゲーム中にお互いに話し合って決めていけばよいのかも♪

色々と薀蓄垂れてしまいましたが、これにより今までと違った結果が期待出来るのではないかと思います

頑張っていきましょうね☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dropshot2005.blog98.fc2.com/tb.php/138-50731c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。